学資金を準備したい

保険に入ろうと思っても、ご自身に「どんな保障が必要?」、「保障額はどれくらい?」など悩んだことはありませんか?保険はご自身の収入や生活費、ご家族構成などによって必要な保障が変わってきます。ここでは「学資金を準備したい」という目的での考え方を解説します。

学資金準備の考え方

  • 教育費がどのくらいかかるのかの確認が必要です。

こどもの教育費に備える商品です。契約者の方に万一のことがあった場合でも、その後の保険料の払込が免除され、祝金や満期金が予定通り受け取れます。また、契約内容によって養育年金が支払われる商品もあります。また、こども保険では入院費や死亡給付金など、お子さまのもしものときの保障が充実した商品もあります。

保険のタイプ

学資保険、こども保険

低解約返戻金型終身、積立利率変動型終身

あわせて読みたい

教育資金に使える保険を相談する

お子さまが誕生して、まず考えるのが子どもの教育費用。親としてはお子さまが希望する学校に行かせてあげたいものです。最近では奨学金が受けられる制度が拡充していますが、その反面、奨学金が返せない事例も増えています。奨学金も借金の一つなので、こればかりをあてにするのではなく、少しでも早くから計画的に準備することで、少ない金額で始められます。保険クリニックでは、学資保険の他にも教育資金の準備に備える方法をアドバイスいたします。

お近くの店舗で、無料相談をしてみませんか。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始