学資保険は必要?加入のメリットとデメリット

子どもが生まれた時、約半数の人が学資保険に加入すると言われます。

それだけの人が加入する「学資保険」とはどのようなものなのでしょうか。今回は、学資保険の内容と学資保険加入のメリットとデメリットについて解説します。

学資保険とは?

学資保険は、教育資金を積み立てると共に、子どももしくは親に万一のことがあった場合に保険給付される商品です。保険会社によって、保障に重点をおいたものと貯蓄に重点をおいたものとがありますが、基本的には、学費の積立を目的とした保険です。

例えば、子どもが生まれてすぐに学資保険に加入し、「毎月1万円の保険料を支払うと、大学進学時に200万円が支払われる」といったものです。保険会社によっては、高校入学時、大学入学時など複数回給付金が支払われる保険もあります。

子どもがいる場合、教育費が発生することは初めからわかっていることなので、あらかじめ計画的にお金を準備しておくことはとても大事なことです。その意味で、学資保険は目的が明確で、計画的に積み立てやすいので、非常に優れた商品と言えます。

学資保険の話をすると必ず聞かれるのが、預貯金との違いについてです。預貯金は説明するまでもないと思いますが、銀行などにお金を預け、自由に引き出せるというものです。銀行等が破たんしない限り、元本割れすることはないので、安心してお金を預けておけます。積み立てるという行為自体は、預貯金でもできますし、いわゆるタンス預金でもできるので、学資保険に加入する意味がわからない、という意見も理解できます。そこで、次の項目では、預貯金と学資保険の違いを比較しながら、学資保険のメリットとデメリットをみていきたいと思います。

学資保険のメリットとデメリット

預貯金は積み立てたお金を受け取るという極めてシンプルなものです。一方、学資保険は「保険」なので、積立の他に保障がついています。支払途中に親が死亡した場合、一定の保険金が支払われるものや、それ以降の保険料の支払いが免除され、子どもが所定の年齢になると給付金が支払われます。保障がついているという点が学資保険のメリットと言えるでしょう。

また、親が死亡した場合、預貯金などの遺産は遺言を書かない限り、法定相続分で相続されます。学資保険や生命保険は、保険金受取人を子どもに指定しておけば、確実に子どもに教育資金や相続分を移転することができるのもメリットです。教育資金の確実な確保という点もメリットといえるでしょう。それに対し、預貯金は相続開始と共に凍結され、遺産分割が終了するまで引き出すことができないので、遺産協議が難航するとお金を引き出せないという問題があります。

受取額は預貯金と学資保険のどちらが多いかといえば、現在の預金はほとんど利息がつかない状況なので、貯蓄に重点をおいた学資保険であれば途中解約しない限り、学資保険の方が多く受け取れるでしょう。

そう考えると、万一の保障がついて、受取額も学資保険の方が預貯金より多いので、学資保険の方が絶対的に優れているように思われるかもしれませんが、注意すべきなのは、「解約しない限り」という留保がついているということです。学資保険は早い段階で途中解約をすると元本割れをしてしまいます。学資保険に加入した時には、途中解約するつもりがなくても、人生何があるかわかりません。突発的にお金が必要になった時に、預貯金であれば、積立てた分と利息が確実に戻ってきますが、学資保険の場合、加入期間が短いと、極端な場合ほとんど戻ってこないということもありえます。したがって、元本割れのリスクがあるというのが学資保険のデメリットです。

ただ、学資保険は、目的が明確で、自由にお金を引き出せないため、計画的に積み立てることができます。預貯金のように自由に引き出せる金融商品だと貯まりにくいということも。また、保険の場合、「支払わなければならない」という義務感がありますが、預貯金の場合、「余裕があるときやればよい」という意識が強いため、なかなかお金が貯まらないものです。副次的効果ではありますが、貯めやすいということも学資保険のメリットと言えます。

学資保険にするか預貯金にするか迷った場合には、自分がお金を貯めることが得意かどうかで判断するというのもよいでしょう。ただ、全く預貯金がないのに学資保険に加入するというのは、おすすめできません。急な資金として、50万円から100万円程度は、預貯金でも準備しておきましょう。

メリット
  • 保障が付いているので親に万が一のことがあっても、確実に教育資金を確保できる
  • 貯蓄しやすい
  • 教育資金の相続もスムーズ
  • 預貯金に比べ運用益が期待できる
デメリット
  • 早期に解約すると元本割れする
  • お金が自由に引き出せない
  • 健康状態の確認など手続きが預貯金より面倒

今回は、学資保険のメリット、デメリットをみてきましたが、いかがだったでしょうか。学資保険は、保険の中では比較的わかりやすい保険です。目的が明確で、親に万一のことがあっても教育費が確実に確保できるという点で非常に優れた商品です。

ただ、「保険だけで準備する」、「預貯金だけで準備する」など偏った準備の仕方をすると万一の時のリスクヘッジが出来なくなる可能性があります。両方を利用して準備してみてはいかがでしょうか。

(2016年2月)

あわせて読みたい

保険クリニックで学資保険を相談する

学資保険は保険会社によって、保障重視のものと貯蓄重視のものがあります。また、この数年で受け取り方も多彩になりました。数ある保険商品の中から、それぞれの学資保険のメリットとデメリットをお話ししながら、それぞれのご家庭に合わせた学資保険をご提案いたします。

まずは保険クリニックの無料保険相談をご利用ください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始