世帯主が退職したときの保険の考え方

保険を学ぶ

保険の選び方

世帯主が退職したときの保険の考え方

保障の考え方

保障の考え方

  • 死亡保障は死後の整理資金程度を確保する必要があります。
  • 自分自身の入院や手術に備えるための医療保障の必要性が高まります。
保険種類 タイプ
終身保険 定額終身 低解終身 IS終身 変額終身
医療保険がん保険 定期保障(更新型/全期型)終身保障(短期払/終身払)

定年した後の保険を相談する

定年後は大きな死亡保障は必要なくなります。その代り医療や介護など、生きていくための保障が重要性を増してきます。日本は医療の発展により、世界有数の長寿国です。ただ、寿命と健康寿命(日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間)には10年前後の開きがあります。この差がもしかしたら介護が必要になるかもしれない期間です。ご家族による介護であっても、介護状態になると今までの生活より費用がかかります。事前に公的な介護制度や医療制度について学ぶとともに、介護保険など生きるために必要な保険を考えてみませんか。
この機会にお近くの店舗で無料保険相談をご予約ください。

はじめてのご予約受付センター

ご予約ください

0120-366-929

<平日>9:00~19:00
<土日>10:00~19:00
定休日:祝祭日・年末年始

来店のご予約

ご自宅訪問のご予約

ライフステージ別の保険の考えた方

生命保険をお選びの際には、あなたのライフステージから考えてみてはいかがでしょうか。
ライフステージごとに準備する保障が変わってきます。
あなたに必要な保障から最適な保険商品を探してみ ましょう。

保険の選び方の他の記事を読む
  • 保険商品の解説
  • 保険の選び方
  • セルフチェック
  • 保険のなるほど資料室
  • 保険相談のコラム
  • 家計の学校
  • IQくんのなんでも調査隊
  • 女子のホンネ会議室