出産したときの保険の考え方

保険を学ぶ

保険の選び方

出産したときの保険の考え方

保障の考え方

保障の考え方

  • 子どもが独立するまでの期間は、親の死亡保障を確保する必要があります。
  • 教育費がどのくらいかかるのかの確認も必要です。
  • 子どもが入院した場合の保障を準備しておきましょう。
保険種類 タイプ
定期保険 平準定期(更新型 / 全期型)
収入保障(更新型/全期型)
学資保険子ども保険 学資保険 こども保険 低解終身 IS終身 長期定期

妊娠・出産した時に必要な保険を相談する

お子さまの誕生はライフステージにおいて、準備するべき必要保障額が一番、多くなる時期です。お子さまの教育資金もそうですが、“もしも”の備えも重要になります。限られた予算の中で、“もしも”の保障と教育費用の準備を効果的にすることが必要です。
保険クリニックでは、皆さまの一人ひとりの生活設計に合わせたライフプラン表を作成いたします。その必要保障額を見ながら、最適なプランをアドバイスいたします。
この機会に、保険クリニックの無料保険相談をご利用ください。

はじめてのご予約受付センター

ご予約ください

0120-366-929

<平日>9:00~20:00
<土日祝>9:00~19:00
定休日:年末年始

来店のご予約

ご自宅訪問のご予約

ライフステージ別の保険の考えた方

生命保険をお選びの際には、あなたのライフステージから考えてみてはいかがでしょうか。
ライフステージごとに準備する保障が変わってきます。
あなたに必要な保障から最適な保険商品を探してみ ましょう。

保険の選び方の他の記事を読む
  • 保険商品の解説
  • 保険の選び方
  • セルフチェック
  • 保険のなるほど資料室
  • 保険相談のコラム
  • 家計の学校
  • IQくんのなんでも調査隊
  • 女子のホンネ会議室

PAGETOP