基本補償(損害保険金)

当サイトでは、全ての保険会社の商品・プランを掲載しているわけではありません。株式会社アイリックコーポレーションにて取扱可能な保険会社別ウィンドウで開くのうち、保険会社からサイト掲載の許可が得られた商品を掲載、比較しております。

横にスクロールできます

保険会社
名称 トータルアシスト
住まいの保険
GK すまいの保険
(すまいの火災保険)
THE すまいの保険
(個人用火災総合保険)
タフ・すまいの保険
(すまいの火災保険)
火災
落雷
破裂・爆発
必須付帯

火災、落雷、破裂・爆発による損害を補償します。

必須付帯

火災(消防活動による水ぬれを含みます。)、落雷または破裂・爆発(気体または蒸気の急激な膨張を伴う破壊またはその現象)をいいます。

必須付帯

火災、落雷、破裂または爆発によって保険の対象が損害を受けた場合

必須付帯

火災、落雷、破裂・爆発

風災
雹(ひょう)災
雪災
必須付帯

風災、雹災、雪災による損害を補償します。

必須付帯

台風、旋(せん)風、竜巻、暴風等による風災(洪水、高潮等を除きます。)、雹(ひょう)災または豪雪、雪崩(なだれ)等の雪災(融雪洪水等を除きます。)をいいます(吹込みまたは雨漏りなどによる損害を除きます。)。

必須付帯

風災、ひょう災または雪災によって保険の対象が損害を受けた場合※風災:台風、旋風、暴風、暴風雨をいい、洪水、高潮等を除きます。

  • 雪災:豪雪の場合におけるその雪の重み、落下等による事故または雪崩をいい、融雪水の漏入もしくは凍結、融雪洪水または除雪作業による事故を除きます。
必須付帯

風災・雹(ひょう)災・雪災

  • 風災とは、台風、施(せん)風、竜巻、暴風等をいいます。なお、洪水、高潮等は風災には該当しません。
  • 雪災とは、豪雪の場合におけるその雪の重み、落下等による事故または雪崩(なだれ)をいいます。融雪水の漏入もしくは凍結、融雪洪水または除雪作業による事故は雪災に該当しません。
  • 「風災・雹(ひょう)災・雪災支払条件変更(20万円以上事故補償)特約」をセットすることで、風災、雹災、雪災の補償内容を「損害の額が20万円以上の場合に補償」とすることも可能です。
水災
任意付帯※1

水災(床上浸水、地盤面より45cmを超える浸水、または損害割合が30%以上の場合)による損害を補償します。

任意付帯※2

台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等によって、床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水を被った結果、保険の対象に損害が発生した場合、または再調達価額の30%以上の損害が発生した場合をいいます。

任意付帯※3

台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ等の水災によって、保険の対象が損害を受け、その損害の状況が次の(ア)または(イ)のいずれかに該当する場合(津波による浸水等は補償されません。)

  • (ア)建物が保険の対象である場合は協定再調達価額の、家財が保険の対象である場合は再調達価額の30%以上の損害が生じた場合
  • (イ)保険の対象である建物または保険の対象である家財を収容する建物が、床上浸水を被った結果、保険の対象に損害が生じた場合
  • 床上浸水:居住の用に供する部分の床(畳敷または板張等のものをいい、土間、たたきの類を除きます。)を超える浸水または地盤面(床面が地盤面より下にある場合はその床面をいいます。)より45cmを超える浸水をいいます。
  • ベーシックⅠ型水災なし
    ベーシックⅡ型水災なし
    スリムⅡ型は補償されません。
任意付帯

台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等によって、保険の対象である建物に建物評価額(保険の対象が家財の場合は再調達価額)の30%以上の損害が発生した場合または床上浸水もしくは地盤面より45㎝を超える浸水を被り、保険の対象が損害を受けた場合

盗難
任意付帯

盗難、水濡れ、建物外部からの物体の衝突、労働争議等に伴う破壊行為等による損害を補償します。

任意付帯

強盗、窃盗またはこれらの未遂をいい、盗難に伴い保険の対象に発生した損傷または汚損等の損害を含みます。

任意付帯

盗難によって保険の対象について生じた盗取、損傷または汚損。盗取された保険の対象を回収することができた場合は、そのために支出した必要な費用は損害額に含みます。

  • 損害額:次の額を限度とします。
  • 建物については協定再調達価額
  • 明記物件以外の家財については再調達価額
  • 明記物件については時価額
  • スリムⅠ型、スリムⅡ型は補償されません。
任意付帯

強盗、窃盗またはこれらの未遂に伴い、保険の対象に損傷または汚損等の損害が発生した場合

水ぬれ
任意付帯

給排水設備の破損もしくは詰まりにより発生した漏水、放水等または他人の戸室で発生した漏水、放水等による水ぬれをいいます。

(給排水設備自体に発生した破損等は下記の不測かつ突発的な事故に含まれます)

任意付帯

次の(ア)もしくは(イ)のいずれかに該当する事故に伴う漏水、放水または溢(いっ)水による水濡れによって保険の対象が損害を受けた場合。ただし、風災、雹(ひょう)災、雪災もしくは水災の事故による損害または給排水設備自体に生じた損害を除きます。

  • (ア)給排水設備に生じた事故
  • (イ)被保険者以外の者が占有する戸室で生じた事故
  • スリムⅠ型、スリムⅡ型は補償されません。
任意付帯

給排水設備の破損もしくは詰まりにより発生した漏水、放水等または被保険者以外の方が占有する戸室で発生した漏水、放水等による水ぬれにより、保険の対象が損害を受けた場合。 なお、給排水設備自体に発生した損害を除きます。

騒擾(そうじょう)・集団行為等に伴う暴力行為※4
任意付帯

不測かつ突発的な事故をいいます。ただし、上記の事故(水災除く)または台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等によって損害を被る事故を除きます。

任意付帯

騒擾(じょう)およびこれに類似の集団行動または労働争議に伴う暴力行為もしくは破壊行為によって保険の対象が損害を受けた場合

  • 騒擾(じょう)およびこれに類似の集団行動:群衆または多数の者の集団行動によって数世帯以上またはこれに準ずる規模にわたり平穏が害される状態または被害を生ずる状態であって、暴動に至らないものをいいます。
  • 暴動:群衆または多数の者の集団行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます。
  • スリムⅠ型、スリムⅡ型は補償されません。
任意付帯

破損、汚損等の事故として取り扱います。

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等※4
任意付帯

建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突、接触もしくは倒壊または建物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触によって保険の対象が損害を受けた場合。ただし、雨、雪、あられ、砂塵、粉塵、煤煙その他これらに類する物の落下もしくは飛来、土砂崩れまたは風災、ひょう災、雪災もしくは水災の事故による損害を除きます。

  • スリムⅠ型、スリムⅡ型は補償されません。
任意付帯

破損、汚損等の事故として取り扱います。(「フルサポートプラン」および「セレクト(水災なし)プラン」のみ補償され、「セレクト(破損汚損なし)プラン」、「セレクト(水災、破損汚損なし)プラン」および「エコノミープラン」では補償の対象外です。

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)
※4
任意付帯

上記以外の偶然な事故による破損等の損害を補償します。

任意付帯

不測かつ突発的な事故(上記の事故については、損害保険金の有無にかかわらず、除きます。)によって、保険の対象が損害を受けた場合。ただし、凍結によって専用水道管について生じた損壊の損害を除きます。(水道管修理費用保険金にて補償されます。)

  • スリムⅠ型、スリムⅡ型は補償されません。
任意付帯

破損、汚損等

不測かつ突発的な事故により保険の対象に損害が発生した場合。

ただし、火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災、水ぬれ、盗難までの事故または台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等によって、保険の対象が損害を被る事故を除きます。

2022年1月作成 21-T04958 B21-901104
使用期限:2022年11月12日
SJ20-12420 2022年5月承認 B22-100625
必須付帯
任意付帯
付帯不可
  • ※1東京海上日動では、水災不担保は共同住宅、火災・風災のみ契約、設備・什器等または商品・製品等のみ契約以外は不可
  • ※2三井住友海上では、水災不担保はセレクト共同住宅、エコノミープラン以外は原則不可
  • ※3損保ジャパンでは、水災不担保は戸建プランの場合、スリムⅡ型以外は不可
  • ※4三井住友海上では、「騒擾(じょう)・集団行為等に伴う暴力行為、物体の落下・飛来・衝突等、不測かつ突発的な事故」はひとつの補償項目です。

地震保険も付帯可能

火災保険の付帯サービスの比較ページです。火災保険は、お住まいの場所・環境によって火災保険の保険料や必要となる補償内容は変化します。火災保険一括見積もりオリジナルの比較ツールで、保険料や補償内容等が比較できます。過不足なく火災保険に加入してよかったと、そんな火災保険加入のお手伝いが出来れば幸甚です。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、火災見積もり一括依頼フォームまたはフリーダイヤルまでお問い合わせください。

火災保険を一括比較!
  • 最大8社から一括見積もりできます
  • 知識豊富なオペレーターが対応します
  • 住宅ローンも対応可能です
通話料無料 フリーダイヤル0120-699-929

平日 10:00~19:00 定休日:土日祝、年末年始