5.保険期間を決める

保険の対象、構造の確認、補償の範囲、保険金額を検討したら、最後は契約する期間を決めることになります。火災保険では一括払いであれば最長10年までの契約期間を選ぶことができ、保険期間を長期契約にするほど、保険料は割安に設定されています。

借入期間10年超の住宅ローンを利用して物件を購入した際などは、住宅ローン残債が問題なく処理できるようにするため、保険期間満了時に利用できる「火災保険の自動継続」の特約を付帯することをおすすめします。

住宅ローンを利用していない場合は、ご予算に応じて、お好きな保険期間とお支払方法をお選びください。

一部制限を設けている保険会社もありますが、概ね1年間~10年間まで1年ごと任意で設定可能です。

途中で解約したら?

長期契約をした後、売却や引越しなどで家を手放す際には基本的には火災保険は解約することになります。解約をすると、まだ残っている保険期間の保険料はどうなるのでしょうか?

まだ残っている期間の保険料は、経過期間に応じた所定の解約返戻金(かいやくへんれいきん)が戻る事になります。

解約返戻金については、返還保険料についてをご参照下さい。

地震保険も付帯可能

保険の期間を決めるページです。

火災保険は、お住まいの場所・環境によって火災保険の保険料や必要となる補償内容は異なります。火災保険一括見積もりオリジナルの比較ツールで、保険料や補償内容等が比較できます。過不足なく火災保険に加入してよかったと、そんな火災保険加入のお手伝いが出来れば幸甚です。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、火災一括見積もりダイヤルまでお問い合わせください。

火災保険を一括比較!
  • 最大9社から一括見積もりできます
  • 知識豊富なオペレーターが対応します
  • 住宅ローンも対応可能です
通話料無料 フリーダイヤル0120-699-929

平日 9:00~18:00 定休日:土日祝、年末年始