1.火災保険の対象を決める

火災保険は、戸建てやマンションなどの建物と、建物の中にある家具や衣服などの家財を補償するための保険です。

建物家財などの補償の対象となるモノを、火災保険では「保険の対象」と呼んでいます。

火災保険は、この「保険の対象(建物家財)」ごとに加入する仕組みになっています。建物のみに保険をかけた場合は、火事で家が燃えてしまった時に保険金を受け取れるのは建物が受けた被害の分だけになり、家財の被害については全く保険金を受け取ることが出来ません。

家財の被害についても補償を受けるには建物の補償と同時に別途家財を対象とする火災保険にも加入する必要があります。

火災保険の加入例

建物のみの火災保険に加入する パターン1 パターン2
火災保険 建物 補償されます 補償されます
家財 補償されません 補償されません
地震保険 建物 補償されません 補償されます
家財 補償されません 補償されません
建物・家財の火災保険に加入する パターン3 パターン4 パターン5 パターン6
火災保険 建物 補償されます 補償されます 補償されます 補償されます
家財 補償されます 補償されます 補償されます 補償されます
地震保険 建物 補償されません 補償されます 補償されません 補償されます
家財 補償されません 補償されません 補償されます 補償されます
補償されます
補償されません

火災保険に加入していない対象に地震保険を締結することは出来ません。

建物とは?

火災保険は、火事で燃えてしまった場合などに建物の損害額を補償していますが、では、「建物」とはどこまでを指すのでしょうか?建物本体だけでなく、その建物の門や塀、物置や車庫などの付属建物も、「建物」として補償の対象に含めることができます。

その場合、自動車の衝突などで塀が壊されてしまった場合などでも、「建物」にご加入いただいていれば、修理費などの損害に対して保険金をお支払いすることができます。(「物体の衝突等」の補償を選択している場合)

具体的には

  • 畳、建具その他これらに類する物
  • 電気、通信、ガス、給排水管、衛生、消火、冷房・暖房、エレベーター、リフト等の設備のうち建物に付加したもの
  • 浴槽、流し、ガス台、調理台、棚その他これらに類する物のうち建物に付加したもの
  • 門、塀もしくは垣または物置、車庫その他の付属建物
  • 外灯、テレビアンテナ、機能門柱、バリカー(注)その他これらに類する屋外設備・装置であって敷地内に所在するもの(注)車両の進入を制限するための設備・装置で、設置場所が固定されたものをいいます。

(注)保険会社・商品によって異なります

家財とは?

火災保険では、家具や衣服などの日常生活に使用している動産を「家財」として扱います。一般的には、建物の中に収容している「家財」を対象としており、外出中にバッグや洋服が被害にあったとき(「家財」を建物の外に持ち出しているとき)は補償の対象となりません。

「1個1組が30万円を超える貴金属、宝石、美術品など」は、「高額な貴金属、美術品等の補償」をセットしている場合に補償の対象となります。

「家財」に「盗難」の補償をセットしている場合、通貨・預貯金証書等の盗難による被害を一定額の範囲で補償されます。

火災保険に加入していない対象に地震保険を締結することは出来ません。

具体的には

  • テレビ、パソコン
  • カーテン、テーブル、ソファー
  • 洋服
  • 自転車

など

地震保険も付帯可能

火災保険の対象を決めるページです。火災保険は、お住まいの場所・環境によって火災保険の保険料や必要となる補償内容は異なります。火災保険一括見積もりオリジナルの比較ツールで、保険料や補償内容等が比較できます。過不足なく火災保険に加入してよかったと、そんな火災保険加入のお手伝いが出来れば幸甚です。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、火災一括見積もりダイヤルまでお問い合わせください。

火災保険を一括比較!
  • 最大9社から一括見積もりできます
  • 知識豊富なオペレーターが対応します
  • 住宅ローンも対応可能です
通話料無料 フリーダイヤル0120-699-929

平日 9:00~18:00 定休日:土日祝、年末年始