年金や相続、老後資金をFPに相談年金が3年かけて減額になる理由は?

今後、年金が3年かけて減額されてしまうということを聞きました。その理由を教えてください。

また、私たち夫婦は現在合せて約280万円の年金を受け取っていますが、今後どのくらいの減額になるのかも教えてください。

FPからの回答

年金額は、本来ならば賃金や物価に連動して毎年度決めることになっています。

つまり大まかに言えば、景気が良くなって賃金や物価が上がれば年金額も上がり、景気が悪くなって賃金や物価が下がれば年金額も下がるという仕組みです。

ところが平成12年度から14年度の3年間は物価が下がり続けたのにもかかわらず、年金受給者の生活への影響を考えて年金額を下げませんでした。

その当時の政府は、すぐに景気も回復して物価も上がるだろうから、物価が上がっても年金額は上げないことにして、そこでうまく調整をしようと思っていたようです。

しかし、その後も日本経済は低迷し続けてしまい、物価が思うように上がらず、本来支給すべきだった年金額よりも高い水準で支給をするという状態が続くことになってしまいました。その結果、平成24年までに累計で7兆円もの過剰な給付が行われてしまいました。

このままでは将来の年金世代に大きな影響を与えてしまうということで、この過剰な給付を解消すべく、平成24年11月に本来の年金額に戻すという法律が成立しました。

この法律の成立により、年金額は以下のスケジュールで減額されることになります。

  • 平成25年10月に年金を1%減額する
  • 平成26年4月に年金をさらに1%減額する
  • 平成27年4月に年金をさらに0.5%減額する

よってご質問者のご夫婦の場合、現在受け取っている年金額と比べると以下のような減額になります。

  • 平成25年10月から月額 約2,300円の減額
  • 平成26年4月から月額 約4,600円の減額
  • 平成27年4月から月額 約5,800円の減額

現在受け取っている年金額と平成27年4月からの年金額を年ベースで比べると、約7万円もの減額となり、決して低い数字ではないということがわかります。

今回の法律は現在年金を受け取っている世代に影響を与えることになります。そして今後は少子高齢化社会を見据え、さらなる年金支給開始年齢の引き上げやマクロ経済スライド制度(年金の増額の伸びを抑制する仕組み)などの改革がなされる可能性が高く、将来年金を受け取る世代にも影響が出てしまうことが予想されます。そのため、これからは年金だけに頼らない老後資金設計がより一層求められることになると言えそうです。

(2013年2月 浜田 裕也)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始