年金や相続、老後資金をFPに相談40代の共働き夫婦です。老後のために個人年金保険に入ったほうがいい?

子どものいない40代の夫婦です。二人ともお金を使うのが嫌いで、質素な生活を心がけています。そのおかげで、収入は多くないながらも、貯蓄は3000万円を超えました。

そこそこ貯蓄はできましたが、老後の貯蓄にはいくら貯めればいいのかわからず、不安がないとはいえません。今は銀行に預けているだけですが、個人年金保険などに入る方法も検討したいと考えています。我が家は個人年金保険に入ったほうがよいでしょうか。

家計収支
収入
夫 月収 23万円
妻 パート代 7万円
合計 30万円
夫 ボーナス(1回15万円) 年間30万円
支出
住宅ローン 4万7000円
食費 2万8000円
水道光熱費 1万9000円
通信費(プロバイダ料含む) 1万7000円
日用雑貨費 5000円
教養娯楽・レジャー費 1万円
ガソリン代 5000円
医療費 1万円
保険料 1万円
夫こづかい 1万円
妻こづかい 1万円
その他 1万円
支出計 17万1000円

FPからの回答

個人年金保険は自分のお金を使いやすくしてくれる

毎月、ご主人だけの収入でも、十分に暮らせていますね。住宅ローンが終われば、13万円前後の生活費でやりくりできそうです。ということは、公的年金だけでも暮らせる可能性が高いご家庭といえます。

公的年金だけでも暮らせそうとはいえ、年金だけの収入になったときは、今よりさらに生活費を抑えられる工夫をされるかもしれません。節約が身に付いている方は、どんなに老後資金を貯めても、貯蓄が減るのが嫌で、せっかく貯めたお金を使わないまま、温存してしまうケースが目立つからです。

本来、これだけの貯蓄体質の方なら、個人年金保険に入らずとも、暮らしていくことはできますが、「お金を使いやすくする」という意味で、個人年金保険を利用されてはいかがでしょうか。「貯蓄=減るのが嫌で、お金を使いにくい」状況を、「分割して受け取れるので、生活費として使いやすい」状況に変化させるわけです。

お子さんなしのご家庭は、自分たちでお金を使い切るプランを考える

老後資金の一部を個人年金保険に変えて、お金を使いやすくすることは、お子さんのいないご夫婦にとって、自分で貯めたお金を自分達で使い切るプランにもつながります。貯蓄は使い続けると、底を突く心配がありますが、個人年金保険の終身タイプを利用すれば、生きている限り年金を受給できて、安心感も得られます。

加入プランとしては、自分がもらえる公的年金額に、上乗せして受け取りたい金額を考え、その金額を個人年金保険で確保するのはいかがでしょうか。たとえば、年間60万円ずつもらえる個人年金保険に、ご夫婦とも加入すれば、どちらかが亡くなられて、年金が減った時にも生活の助けになると思います。

お子さんのいらっしゃらないご夫婦の場合、使わないまま数千万円の貯蓄を遺しても、自分のお子さんに継承できず、ご兄弟や甥御さん、姪御さんなどに継承することになってしまいます。「自分のお葬式などを取り仕切って欲しい、そのために○○○万円くらいはお礼として遺したい」というのならわかりますが、一生懸命貯めたお金を、継承した人に好き勝手に使われてしまうのは無念なことではないでしょうか。

(2013年12月 畠中 雅子)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始