年金や相続、老後資金をFPに相談厚生年金の支給開始年齢の引き上げについて教えてください。

厚生年金の支給開始年齢の引き上げについて教えてください。

FPからの回答

旧法時代、つまり昭和61年3月までに厚生年金保険制度の老齢年金の受給権が発生した人は、男性の場合60歳から、女性の場合55歳から老齢年金が支給されていました。

しかし、高齢化が進むにつれて日本の財政もだんだんと厳しくなってきてしまいました。

そこで昭和61年4月に旧法時代の老齢年金を廃止し、新たに老齢厚生年金を設け、老齢厚生年金の支給開始年齢を男女ともに65歳からとしたのです。

ですが、昭和61年3月までに年金の受給権が発生した人は60歳(女性の場合55歳)から年金が支給されていたのに、昭和61年4月以降に受給権が発生した人は65歳から支給されたのでは一気に5年(女性の場合10年)の空白期間ができてしまいます。これでは60歳(女性の場合55歳)から年金がもらえると思っていた人達の人生設計に大きな影響を与えてしまいます。

そこでその影響を少しでも和らげるため、ゆっくりと時間をかけて段階的に年金の支給開始年齢を引き上げていくことにしました。具体的には、生年月日と性別で以下の表のように年金の支給開始年齢が引き上げられることになりました。

年金支給開始年齢の引き上げ表

(2013年2月 浜田 裕也)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始