住宅の購入や住宅ローンをFPに相談財形住宅融資の優遇制度を教えてください。

財形住宅貯蓄が500万円くらい貯まりました。そろそろマイホームを買おうかなあと夫婦で話し合っているところです。ところで、財形住宅融資を受ける際、優遇制度を利用できると聞きました。どんな優遇制度が設けられているのか、教えてください。

FPからの回答

非課税で積み立てた後、貯蓄残高の10倍まで借りられる

優遇制度についてご紹介する前に、財形住宅融資のことを説明したいと思います。

財形住宅融資は、財形貯蓄を1年以上続けていて、財形貯蓄残高が50万円以上ある人が申し込める住宅ローンです。財形住宅貯蓄には、元金と利息の合計額が550万円になるまで利息が非課税になるメリットがあります。なお貯蓄残高をみるときは、財形住宅貯蓄だけではなく、一般財形貯蓄や財形年金貯蓄の分も合計できます。

融資限度額は、財形貯蓄残高の10倍まで。最高では4000万円になります。たとえば貯蓄残高が300万円の場合は3000万円、500万円の場合は4000万円が融資限度額になるわけです。

財形住宅融資は、数ある住宅ローンの中で唯一、「申し込み時に金利が決まる」住宅ローン。通常の住宅ローンは、実際に融資を受ける段階で金利が確定します。これに対して財形住宅融資では、申し込んだ時点で金利が決まるため、融資が実行されるまでに時間が空き、その間に金利がアップしていても、申し込んだ時点での低い金利で借りられます。逆に申し込み後に金利が下がれば、申し込みをやり直すことで、低い金利に見直せます。

融資の金利は勤務先経由で借りるか、住宅金融支援機構などから借りるかで、若干異なりますが、0.86%~0.98%(平成27年9月現在)になっています。金利タイプは、5年間は固定金利で、5年経った時点で、その後5年間の金利が決まります。金利は、1、4、7、10月の年4回改定されます。

中小企業勤務と18歳以下の子育て中は金利が0.2%引き下げ

さてここからは、財形住宅融資の優遇制度について。ここでは2つの制度をご紹介します。ひとつめは、中小企業にお勤めの方が財形住宅融資を申し込む場合、金利が0.2%優遇される制度。中小企業の定義は、常用労働者が300名以下の企業になります。

ふたつ目は、18歳以下のお子さんを育てているご家庭では、当初5年間0.2%の優遇金利で借りられる制度があります。たとえば、基準金利が0.86%だとすると、優遇金利が適用になることで、0.66%という変動金利並みの低い金利で借りられるわけです。

財形住宅融資、そして優遇制度の申込先は勤務先によって異なりますので、財形住宅融資の利用を検討する場合、まずは会社の担当部署に詳細をたずねたり、資料を手に入れることをお勧めします。

(2015年9月 畠中 雅子)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始