三大疾病保険・特定疾病保険について

保険商品の解説

三大疾病保険・特定疾病保険

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病(=特定疾病)を保障する商品です。
日本人の死亡原因ワースト3位を占める三大疾病。
そのリスクに備えるために開発された三大疾病保険は、治療費にも充当できるよう、三大疾病になったら“生前に”保険金が給付されるという点が大きな特長です。

これら三大疾病になって「所定の状態」に該当した場合に特定疾病保険金が支払われます。また、三大疾病以外の病気や災害で死亡した時、あるいは高度障害状態になった時にも特定疾病保険金と同額の「死亡保険金」「高度障害保険金」が支払われます。重複して保険金が支払われることはなく、いずれかの理由で保険金が支払われると契約は消滅します。

がん保険は医療保険の一種

POINT
保障される「所定の状態」や、対象外になる場合を細かくチェックしましょう
中には、三大疾病以外での死亡時や高度障害時は保障されないものもありますので、 検討の際には確認しましょう。

step1

三大疾病で「所定の状態」になったとき

注意が必要なのは、三大疾病になったらすぐもらえる訳ではないという点です。 支払い対象となる「所定の状態」がどういう状態なのか、また支払い対象外になるのはどういう場合なのか、よく確認しておきましょう。

CHECk

支払い対象の認定は、疾病ごとに様々な条件があります。注意しましょう!

一般的に、急性心筋梗塞と脳卒中に関しては認定される条件が厳しいと言われています。がんの場合は診断されれば支給条件に該当しますが、がんの初期である上皮内新生物や皮膚がんの多くは保険金の支払い対象から除かれているので注意しましょう。

支払い対象条件をチェックしておきましょう!
がん

上皮内がん(子宮頸がん0期・非浸潤がん・食道上皮内がん等、病変が上皮内に限定しているもの)、 皮膚がん(悪性黒色腫を除く)以外の悪性新生物
※契約当初90日以内に診断確定された乳がんは保障対象外になることも。

CHECk

『保険期間中に初めて悪性新生物に罹患したと医師によって診断確定されたとき』という条件も。

急性心筋梗塞

虚血性心疾患のうち、急性心筋梗塞 ※狭心症等は除く

CHECk

この保険の責任開始期以後の疾病を原因として発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上労働の制限を必要とする状態が続いたと医師によって診断されたときに認定されます。

脳卒中

脳血管疾患のうち、くも膜下出血、脳内出血、脳動脈の狭塞(脳血栓・脳塞栓)

CHECk

この保険の責任開始期以後の疾病を原因として発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの後遺症が継続したと医師によって診断されたときに認定されます。

PLUS

受け取り時の税金もチェック!

生前に受け取るか、死亡して受け取るかで税金が異なります。
生前に保険金を受け取ることができる特定疾病保険は、「入院保障と死亡保障を兼ね備えた商品」と言われることもありますが、実際に生前給付を受けるための条件は大変厳しく非常に重度の状態に限られ、一度にまとまった入院給付金を受け取って治療費に充てるというより、死亡保険金を前倒しで受け取るというイメージの方が近いようです。

死亡保険金

契約形態によって相続税、所得税、または贈与税がかかります。

特定疾病保険金

非課税

step2

プラン選びのポイント

保険期間を決めましょう

何回支払われますか?

よく、更新型の定期付終身保険などに加入していて、特約として特定疾病定期特約を付けているケースが見られますが、更新ごとの保険料上昇でその経済的負担に耐えられず、結局途中でやめてしまうというケースが多いのも事実です。
必要性が一番高まる肝心の老後の時期に保障がなくなってしまうという事態に陥らないためには、加入する際、必要な保障期間をしっかり見極めることが大切です。

1.保険期間を決めましょう

指定代理請求人制度

がんなど病名を本人に告知しない場合や、症状が重く保険金請求などの意思表示ができないといったように被保険者本人による保険金請求ができない事情があるときに、あらかじめ契約者が指定した指定代理請求人が保険金を請求できる制度です。

CHECk

指定代理請求人になれる人は?

  • 被保険者の戸籍上の配偶者
  • 被保険者の直系血族
  • 被保険者と同居または被保険者と生計を一にしている3親等内の親族

リビング・ニーズも検討してみては

保険料が無料の「リビング・ニーズ特約」 をご存知ですか?

特定疾病保険は、同じ保険金額の定期保険や終身保険に比べて一般的に保険料が割高です。これに対しリビング・ニーズ特約は保険料がかかりません。
この特約を付けると余命6ヵ月と医師に診断された場合に、保険金の一部または全部(最高3,000万円)を前払い請求し、生前に受け取ることができます。
ほかに加入している死亡保険があればリビング・ニーズ特約を付けているかどうかもチェックしてみましょう。もし付いていなければ、通常は後から付けることも可能なので保険会社に確認してください。

step3

類似商品をチェックしましょう

他にも生前給付型の保険商品はいろいろあります。
呼び名や死亡保険金の有無、給付対象となる「所定の状態」、また「所定の状態」の原因がどのような場合に給付対象になるかなど、保険会社ごとに細かく異なりますので、よく確認しましょう。

生前給付型の保険商品の例
重度慢性疾患保障保険

重度の高血圧症、重度の糖尿病、慢性腎不全による人工透析、肝硬変、慢性すい炎の5つの疾病に該当した場合、もしくは死亡・高度障害となった時に、保険金が支払われます。

疾病障害保障保険

病気が原因で所定の状態になったとき、もしくは死亡・高度障害となった時に、保険金が支払われます。

三大疾病保険・特定疾病保険を相談する

日本人の死亡原因ワースト3位を占めるがん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病。三大疾病保険や特定疾病保険はそれらの病気になった時に、治療費や生活費などのお金のリスクを軽減するための保険です。一口に三大疾病保険や特定疾病保険と言っても、商品によって保険金が受け取れる「所定の状態」が異なります。
保険クリニックではあなたに合った三大疾病保険・特定疾病保険選びのお手伝いをいたします。お近くの店舗にご相談ください。

はじめてのご予約受付センター

ご予約ください

0120-366-929

<平日>9:00~19:00
<土日>10:00~19:00
定休日:祝祭日・年末年始

来店のご予約

ご自宅訪問のご予約

  • 保険商品の解説
  • 保険の選び方
  • セルフチェック
  • 保険のなるほど資料室
  • 保険相談のコラム
  • 家計の学校
  • IQくんのなんでも調査隊
  • 女子のホンネ会議室

PAGETOP