火災保険の保険料っていくら?

鉄骨造住宅(T構造)の場合
55,210~
  • 条件鉄骨造住宅(T構造)・愛知県・保険金額2,000万円・専有延床面積100m2・保険期間10年・築浅割引(建築年月2020年10月)
  • 保険始期日2021年3月1日
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合
  • 火災保険の保険料っていくらぐらいするの?
  • 補償の選び方で保険料はどのくらい違うの?
  • 保険期間によって保険料はどう変わるの?

火災保険の相場は、お住まいの構造、地域など条件によってさまざまです。火災保険の相場にまつわる4つのケースを見てみましょう。あなたの相場はどのケースですか?

CASE01

最低限の補償さえカバーできればよい

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 4,400円 付帯なし 4,400円
5年 19,760円 19,760円
10年 55,210円 55,210円
  • 条件鉄骨造住宅(T構造)・愛知県・保険金額2,000万円・専有延床面積100m2・築浅割引
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社用東京海上日動火災保険株式会社の場合

【必須補償】(火災、落雷、破裂・爆発)に風災【風災、ひょう災、雪災】の補償をプラスした場合です。

必須補償のみで契約できる保険会社もあります。

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 1,070円 付帯なし 1,070円
5年 4,810円 4,810円
10年 12,510円 12,510円
  • 条件マンション(M構造)・愛知県・保険金額1,000万円・専有延床面積75m2(上塗り)
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社用東京海上日動火災保険株式会社の場合

【必須補償】(火災、落雷、破裂・爆発)に風災【風災、ひょう災、雪災】の補償をプラスした場合です。

必須補償のみで契約できる保険会社もあります。

CASE02

水災の補償もカバーしたい

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
  • 水災
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 8,330円 付帯なし 8,330円
5年 37,420円 37,420円
10年 90,300円 90,300円
  • 条件鉄骨造住宅(T構造)・愛知県・保険金額2,000万円・専有延床面積100m2・築浅割引
  • 水災の補償額完全実損型
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合

【必須補償】+【風災】に【水災】の補償を追加した場合です。河川に近い一戸建て、もしくはマンション低層階であったり、過去に何度も浸水被害が発生しているエリアの方は水災の補償をお付けすることをお勧めいたします。国土交通省のHPに、水災等のハザードマップがありますので、お住まいの地域の情報を確認してみるのも良いかもしれません。

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
  • 水災
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 2,150円 付帯なし 2,150円
5年 9,660円 9,660円
10年 22,140円 22,140円
  • 条件マンション(M構造)・愛知県・保険金額1,000万円・専有延床面積75m2(上塗り)
  • 水災の補償額完全実損型
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合

【必須補償】+【風災】に【水災】の補償を追加した場合です。河川に近い一戸建て、もしくはマンション低層階であったり、過去に何度も浸水被害が発生しているエリアの方は水災の補償をお付けすることをお勧めいたします。国土交通省のHPに、水災等のハザードマップがありますので、お住まいの地域の情報を確認してみるのも良いかもしれません。

CASE03

地震の補償もカバーしたい

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
  • 水災
  • 地震
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 8,330円 10,600円(期間1年) 18,930円
5年 37,420円 49,400円(期間5年) 86,820円
10年 90,300円 49,400円(期間5年) 139,700円
  • 条件鉄骨造住宅(T構造)・愛知県・保険金額2,000万円・専有延床面積100m2・築浅割引
  • 水災の補償額完全実損型
  • 地震保険建築年割引適用 / 保険金額1,000万円 / 保険期間5年
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合

【必須補償】+【風災】+【水災】に【地震】を追加した場合です。地震が原因で発生した火災は、火災保険単体だけの加入だと補償されません(地震火災費用保険金が支払われる場合があります)。火災保険クリニックで火災保険にご加入される方の6割近い方が火災保険と同時に地震保険にご加入されます。日本は地震大国と言われておりますので、火災保険をご検討される際は地震保険もあわせてご検討されても良いかもしれません。

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
  • 水災
  • 地震
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 2,150円 5,300円(期間1年) 7,450円
5年 9,660円 24,700円(期間5年) 34,360円
10年 22,140円 24,700円(期間5年) 46,840円
  • 条件マンション(M構造)・愛知県・保険金額1,000万円・専有延床面積75m2(上塗り)
  • 水災の補償額完全実損型
  • 地震保険建築年割引適用 / 保険金額500万円 / 保険期間5年
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合

【必須補償】+【風災】+【水災】に【地震】を追加した場合です。地震が原因で発生した火災は、火災保険単体だけの加入だと補償されません(地震火災費用保険金が支払われる場合があります)。火災保険クリニックで火災保険にご加入される方の6割近い方が火災保険と同時に地震保険にご加入されます。日本は地震大国と言われておりますので、火災保険をご検討される際は地震保険もあわせてご検討されても良いかもしれません。

CASE04

幅広く災害の補償をカバーしたい

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
  • 水災
  • 地震
  • 水濡れ
  • 衝突
  • 騒じょう
  • 盗難
  • 破損等
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 10,500円 10,600円(期間1年) 21,100円
5年 47,170円 49,400円(期間5年) 96,570円
10年 112,260円 49,400円(期間5年) 161,660円
  • 条件鉄骨造住宅(T構造)・愛知県・保険金額2,000万円・専有延床面積100m2・築浅割引
  • 水災の補償額完全実損型
  • 地震保険建築年割引適用 / 保険金額1,000万円 / 保険期間5年
  • 自己負担額破損等(その他不測かつ突発的事故)の場合 自己負担額5,000円
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合

可能な限りの補償を付けた場合です(家財、個人賠償責任補償特約は除く)。すべてのオプションを付けなくても【必須補償】+【風災】+【水災】+【水濡れ】+【地震】でのプランで申し込むことも可能です(申し込みが出来ない保険会社もあります)。寒冷地の場合は凍結による水道管の破裂、マンションの場合は上層階からの水漏れ等に備えたいのであれば、【水漏れ】の補償をご検討されても良いかもしれません。

付帯される補償

  • 必須補償:火災、落雷、破裂、爆発
  • 風災:風災、ひょう災、雪災
  • 水災
  • 地震
  • 水濡れ
  • 衝突
  • 騒じょう
  • 盗難
  • 破損等
保険期間 火災保険料 地震保険料 合計保険料
1年 3,330円 5,300円(期間1年) 8,630円
5年 14,950円 24,700円(期間5年) 39,650円
10年 34,210円 24,700円(期間5年) 58,910円
  • 条件マンション(M構造)・愛知県・保険金額1,000万円・専有延床面積75m2(上塗り)
  • 水災の補償額完全実損型
  • 地震保険建築年割引適用 / 保険金額500万円 / 保険期間5年
  • 自己負担額破損等(その他不測かつ突発的事故)の場合 自己負担額5,000円
  • 費用保険金損害拡大防止費用保険金・失火見舞費用保険金・修理付帯費用保険金・請求権の保全・行使手続費用保険金・水道管凍結修理費用保険金・地震火災費用保険金
  • 引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社の場合

可能な限りの補償を付けた場合です(家財、個人賠償責任補償特約は除く)。すべてのオプションを付けなくても【必須補償】+【風災】+【水災】+【水濡れ】+【地震】でのプランで申し込むことも可能です(申し込みが出来ない保険会社もあります)。寒冷地の場合は凍結による水道管の破裂、マンションの場合は上層階からの水漏れ等に備えたいのであれば、【水漏れ】の補償をご検討されても良いかもしれません。

地震保険も付帯可能

愛知県は過去に東海地震の被害に遭っているので、地震への備えが盛んな地域です。地震保険の世帯加入率は全国で2番目に多い43.0%(2019年/出典:損害保険料率算出機構)。防災意識が高いことが伺えます。また、平成27年愛知県内での建物火災発生件数は全国で5番目に多い1,138件(総務省報道資料「平成27年(1月~12月)における火災の状況」)です。単純計算で、8時間に1回発生していることになります。火災保険を検討する際は、どこまで補償されるのか?をしっかり確認することが大切です。火災保険一括見積もりではお住まいの状況も踏まえながら必要な補償についてアドバイスいたします。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、火災一括見積もりダイヤルまでお問い合わせください。

2022年1月作成 21-T04958

火災保険を一括比較!
  • 最大8社から一括見積もりできます
  • 知識豊富なオペレーターが対応します
  • 住宅ローンも対応可能です
通話料無料 フリーダイヤル0120-699-929

平日 10:00~19:00 定休日:土日祝、年末年始