雇用保険や失業給付などをFPに相談会社勤めをしながら、会社経営もしています。失業給付はもらえますか?

現在、普通に会社勤めをしています。一方で、不動産を複数保有していたため、法人化をしました。ただし、当法人からは給与等は受け取っていません。

近々、今の会社を辞め、次の就職先を探そうと考えています。

今の会社を辞めてから、次の就職先が決まるまでの間、失業保険を受給することは可能でしょうか?

それとも、給与は受け取っていないものの、法人を持っているだけで、失業保険の受給はできないものでしょうか。

FPからの回答

ここのところ、人生100年時代の生き方が話題になる中で、副業に関することがニュースや雑誌で取り上げられています。副業も多種多様にありますが、社会保障制度との関係はどうなるのか、知っておきたいところです。

今回のご相談は、会社経営と失業給付についてですが、結論から申し上げますと、従業員として雇用保険に加入してた会社を離職したときに、離職時点で会社の代表取締役をしている場合は、報酬の有無にかかわらず、原則、失業給付は受給できません。

失業給付を申請する際には、すぐ就業が可能か、自営業の予定はないかなど、現状の申告をします

失業給付は、一定期間、雇用保険料を支払ってきた人が、離職後に、働く意思と能力があるにもかかわらず再就職できない場合に支給されます。

離職から失業給付受給までの流れは、次のようになっています。

  • 離職後に発行される離職票を持参してハローワークで求職の申込をする
  • 採用に応募するなど求職活動を行う
  • 求職活動を行ったにも関わらず就職できない場合に、4週間に1回、失業の認定を受け、失業給付が振り込まれる

さて、①のハローワークに求職の申し込みをする際に、「雇用保険に関する申告書」を提出します。この申告書では、すぐに就職できる状態なのかをはじめとして、次のことなどが問われます。

  • 再就職先の内定があるのか、ないのか
  • 税理士や建築士等、何らかの士業の登録をしていないか(開業予定も含めて)
  • 現在において、会社・団体等の役員等に就任していないか(報酬の有無を問わず)
  • 自営業、生保や損保の代理店等の事業・登録をしていないか(報酬の有無を問わず)
  • 大学や各種学校に在学中または入学の予定はないか

以上のこと等に答えた最後に、「内容に相違ありません。」の欄に署名をします。ここには「虚偽の申告をした場合、不正受給として処分されます。」のカッコ書きが添えられています。

副業で会社の役員に就任している場合は、原則、失業給付が受給できません

この申告書をもとに受給資格が決定されますので、会社の役員の場合は、原則、失業給付は受給できないこととなります。ただし、普通の取締役の場合は、取締役としての状況により受給につながる場合があります。申告書の提出時にハローワークの担当者が本人から聞き取りを行い、役員はしているけれど、「出勤義務なし、報酬なし」や休眠状態の会社であるなど、受給の可能性があると判断した場合は、「役員証明書(ハローワークの書式)」を提出するように用紙をくれます。人それぞれですから、一概に答えられないそうで、ケースバイケースでの対応になるので、電話での質問ではなく、ハローワークの窓口で相談して下さいとのことです。

さて、代表取締役の場合は、会社が休眠状態でも、失業給付は受給できません。しかし、役員を退任するか、会社を閉鎖すれば、受給できます。離職時に代表取締役で受給できなくても、その後に役員を退任したり、会社を閉鎖した場合は、受給期間内なら受給のための手続は開始できます。

いずれにしても、人それぞれ状況が違いますので、まずはハローワークに出向いてご相談されることをお薦めします。

(2018年5月 守屋 三枝)

※個別のご相談につきましては、最寄りのハローワーク、お勤めの会社に直接お問い合わせください。

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

営業時間:9:00~19:00 定休日:年末年始