初めてのご予約受付センター

通話無料0120-366-929

営業時間 9:00~19:00

閉じる

生命保険や損害保険をFPに相談医療保険とがん保険、どちらを優先して加入すべき?

30代後半の自営業者です。仕事の量に波があって、赤字がかなり出てしまう月もあり、払えるのかが心配で、医療保険やがん保険には未加入です。とはいえ、40代が迫っており、病気などへの不安は高まっています。病気へ備えるには、医療保険とがん保険のどちらを優先して加入すべきでしょうか。

FPからの回答

最初に結論を言ってしまいますが、医療保険から入るべきだと思います。家計診断をしていると、医療保険に入っていないのに、がん保険には加入されている方にお会いする機会があります。とはいえ、優先順位としては、医療保険が先。医療保険であれば、多くの病気を保障しますが、がん保険が保障する病気はがんのみ。どの病気にかかるかを自分で選択できないわけですから、広く保障してくれる医療保険を先に検討するのが順当だと思います。

医療保険に加入しておけば、がんで入院した場合にも、入院給付金や手術給付金は受け取れます。がんに罹患して、重粒子線などの先進医療に該当する放射線治療を受けた場合には、先進医療保険金が受け取れる医療保険も多くなっています。

いっぽう、がん保険に入ると得られるのは、がんと診断されたときに受け取れるがん診断給付金や通院で抗がん剤治療を受けた場合の給付金など。がん診断給付金は100万円単位のまとまった金額になりますので、がん治療が始まる方にとっては、心強いお金になると思います。もし、ご両親などの身内にガンの罹患者がいらっしゃって、がんに対しての不安が強い場合は、「医療保険に加えて」、がん保険にも加入されるとよいでしょう。

ただし、がん保険への加入を検討するのは、医療保険に加入した後の話です。医療保険に加入した後で、がん保険の保険料も払い続けられると思えば、がん保険への加入も検討されるのが良いと思います。加入できても、払い続けられなければ意味がないので、無理なく払えるような設計で医療保険のプランを検討することから、手を付けられることをお勧めします。

(2013年11月 畠中 雅子)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

営業時間
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート

閉じる

お近くの店舗を探す

※ご利用のブラウザの【位置情報へのアクセスをオン】にしてご利用ください。

全国に260店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

営業時間 9:00~19:00