生命保険や損害保険をFPに相談外貨建て保険を勧められていますが、加入しても大丈夫な保険ですか。

20代の会社員です。保険には今まで未加入です。保険の加入相談に行ったところ、外貨建ての終身保険を勧められました。初めて入る保険が、外貨建てというのはどうなのかと思い、返事を保留しています。外貨建て保険に入っても、大丈夫なのでしょうか。注意点があれば教えてください。

FPからの回答

外貨建て保険の加入の是非を考える前に、外貨建て保険とはどのような仕組みの保険なのかをご説明します。

外貨保険をひと言でいうと、保険料の支払いを外貨でおこない、保険金や解約返戻金なども、原則として外貨で受け取る保険です。保険の種類としては、終身保険、養老保険、個人年金保険の取扱いが多くなっています。為替の種類は、米ドルとオーストラリアドルのいずれかになります。

外貨建て保険のほうが、円建て保険よりも保険料が安い

外貨保険を選ぶメリットは、同じ保険金額であれば、円建ての保険よりも安い保険料で加入できること。たとえば同じ金額の死亡保障を得るのに、日本円だと2万円の保険料が必要なのに対し、外貨建てでは1万8000円の保険料で済むといったように、円建ての保険よりも保険料が安く済むのです(金額は実際の保険料ではありません)。

現在の予定利率(=保険料の運用を保証する利率)は、かつてないほど低くなっているため、円建て保険では貯蓄性を出すのは難しくなっています。そのようなことから、安い保険料で加入できる外貨建て保険を勧められるケースが多くなっているわけです。

とはいえ、外貨建て保険はメリットばかりではありません。外貨で保険料を支払ったり、受け取ったりする以上、為替変動の影響は受ける点は知っておくべきです。満期のあるタイプに加入する場合は、満期後も据え置くことができるのかなどを事前に確認するようにしてください。

ご相談者は20代と若いので、一時払いなどのまとまった保険料の払い方ではなく、月払い、あるいは年払いなどでコツコツと保険料を支払っていくことになるでしょう。何年もかけてコツコツと保険料を払い続けるのであれば、為替相場について、神経質になる必要はそれほどなく、特に終身保険のような保険期間の長い保険を選ぶ場合は、保険料が安く済む外貨建て終身保険に加入するのも悪い選択ではないと思います。

(2017年12月 畠中 雅子)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

平日
9:00~20:00
土日祝
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始