チャリティ野球教室2018

チャリティ野球教室2018

チャリティ野球教室2018

チャリティ野球教室2018

2018年1月27日(土)、福岡県福岡市の雁の巣レクリエーションセンターにて福岡ソフトバンクホークスOBを講師陣にお招きして、野球が大好きな小学生を対象にした野球教室を開催いたしました。

この日は天候にも恵まれ、福岡県・熊本県の70名の小学生と、講師として福岡ソフトバンクホークスOBの新垣渚さん、河野大樹さん、柴原洋さん、出口雄大さん、若菜嘉晴さん、若林隆信さんの6名にご参加いただきました。

まずは『保険クリニック』キャラクターのIQ(いっきゅう)くんと、福岡ソフトバンクホークス公式キャラクターのハリーホークくんによるレクリエーション「ベースランニング対決」。どちらが勝つかを小学生達が予想し、予想的中者の中からジャンケンで勝ち残った参加者にプレゼントが渡されました。

ハリーホークくんといっきゅうくん
ハリーホークくんとジャンケン大会

そしてお待ちかねの本イベント、野球教室の開始です。各ポジションに分かれて練習がスタートします。

プロ野球で活躍していた講師に教わるという貴重な機会に、子どもたちは真剣そのもの。少しでもうまくなろうと、講師からのアドバイスにとても真剣な様子でうなずいていました。
プログラムの締めは、野球教室恒例の「サバイバルノック」。最後までエラーせずノックを受け続けたチャンピオンには講師からの表彰とプレゼントが贈られました。

野球教室中の様子
チャンピオンに表彰とプレゼント

また、会場では2つのチャリティー活動を行い、参加者の皆様から沢山の寄付をいただきました。

■「平成28年熊本地震」への募金
「平成28年熊本地震」の被災者の方々への募金活動を行いました。集まった寄付金総額21,828円は、熊本県へ寄付をさせていただきました。

■こどものみらい古本募金
参加者の皆さまのご家庭にある読み終えた本をお持ちくださり、350冊以上の本が集まりました。こどものみらい古本募金は、内閣府・文部科学省・厚生労働省・独立行政法人福祉医療機構により運営されている、本などによる「子供の未来応援基金」への寄付の仕組みです。読み終えた本やゲーソフトなどの買取金額(査定額)が基金に全額寄付されます。

「平成28年熊本地震」への募金
こどものみらい古本募金

■柴原さんからのコメント
プロの選手も大事にしている「投げる」「打つ」「取る」という基本動作の大切さと知ってもらい、基本レベルが上がるよう指導しました。その積み重ねで、スイングが速くなったり、打球が飛ぶようになったりするから「プロ野球選手になる!」夢をかなえるんだという強い気持ちを持って、そのために何をすればいいかを考えて日々練習してほしいと思います。

■参加した小学生のコメント
「とても楽しかったです。キャッチャーの構え、投げるまでの動作がすごくためになりました。自分でも上達したと思います。早く試合で試したいです。」
「とても楽しかったです。ノックで捕球の練習や投げるときの向きを教わりました。すぐに試合で活かせると思います。」

柴原さんインタビュー
真剣にレクチャーを受ける小学生

野球教室の模様は『保険クリニック』公式インスタグラムでも公開していますのでぜひご覧ください。

インスタグラム
保険クリニック公式インスタグラム
https://www.instagram.com/hokenclinic/
ハッシュタグ#チャリティ野球教室で検索!

PAGETOP