家計のやりくりをFPに相談毎月、家計が大赤字。やりくりに悩んでいますが、どうしたらいい?

幼稚園児(年長)が1人いる30代夫婦で、妻は専業主婦をしています。自分なりにやりくりはしているつもりですが、毎月の収支は大幅に赤字。ボーナスから赤字補てんして、何とか乗り切っているような状況です。当然、貯蓄はほとんど増えていません。

だいたいの支出は下記の通りですが、我が家の場合、家計費のどこに問題があるのでしょうか。

収入
月収 25万円
ボーナス (1回45万円)年間90万円
支出
住宅ローン 8万円
食費 4万円
水道光熱費 2万5000円
通信費(プロバイダ料含む) 2万5000円
日用雑貨費 1万円
保険料 2万円
ガソリン代 2万円
子ども費(幼稚園代含む) 4万円
夫こづかい 2万円
その他 3万円
支出計 31万円

FPからの回答

毎月の赤字が約6万円も出ています。これでは、ボーナスのほとんどが赤字補てんに回ってしまい、月収からだけでなく、ボーナスからも貯蓄するのは難しいでしょう。車検の年などは、貯蓄を取り崩して対応しているのではないでしょうか。

費目の中で、突出するほど使いすぎが目立つ費目はありませんが、手取り月収の3割を超える住宅ローンやひと月2万円かかっているガソリン代の負担などが、やりくりを厳しくしています。来年、幼稚園代の負担が終わって、お子さんが小学生になれば、赤字はかなり解消されますが、3~4年すると塾通いが始まって、今と同じ状況になってしまいます。小学校時代を待たずに、今のうちから家計を絞る訓練をされたほうがよいでしょう。

いくつかの費目で数千円ずつの節約を試みる

さて、家計改善の方法ですが、いきなり6万円の節約をしようとするのは、無理をしすぎ。無理は長続きしませんので、まずはいくつかの費目で数千円ずつの支出減を目指しましょう。たとえば通信費については、ひと月2万円程度まで下げたいもの。パケット通信料は仕方がないとしても、携帯電話での通話はできるだけ避けたり、特定の相手との通話は無料のプランを利用するのが、通信費を減らすコツといえます。

ガソリン代も、できれば現在のひと月2万円から、5000円くらいは減らしたいところ。セルフのガソリンスタンドを利用するのはもちろん、現金値引きカードなどを利用したり、石油会社系のクレジットカードを作って、少しでも安く給油するとともに、キャッシュバックなどの特典もうまく活用しましょう。

また「その他」の支出内容はきちんと書き出して、毎月のようにかかる支出はきちんと費目を設定したほうが、支出傾向を正確につかめます。いくつかの費目で数千円ずつの節約がうまくいくようになったら、保険料を半年払いに変更するのもおすすめです。保険料の支払いをボーナスに回すことで、毎月の赤字が減りますし、保険料の割引効果も得られます。

月々の赤字が大きいと、家計管理のモチベーションは下がってしまいます。保険料をボーナス払いに変更すれば、赤字補てんに回す金額が減り、お金の流れもよくなるはずです。

(2013年10月 畠中 雅子)

保険クリニックでお金や保険について相談する

人生の中でお金や保険の疑問は絶えないものですよね。例えば結婚した時、子どもが生まれた時、退職した時など、その時々で最適な資産設計や加入する保険はどうすれば良いのかと考えるのではないでしょうか。少しでも悩んだ時はお近くの保険クリニックで無料でご相談ください。

保険クリニックでは様々な研修や試験に合格したコンサルタントが、お客さまおひとりおひとりにぴったりの保険選びや資産設計をサポートいたします。ご相談はすべて無料ですので、安心してお越しください。まずは下記よりお近くの店舗をお探しください。

まずはご相談だけでもOK!
お気軽にご来店してください!

通話料無料はじめてのご予約受付センター

0120-366-929

営業時間
9:00~19:00
定休日
年末年始

保険クリニックが
はじめての方へ

知識豊富なコンサルタントが、オリジナルの保険システムでお客さまの不安や疑問を、安心や納得へ変えていきます。

  • 何度でも相談無料
  • ぴったりな保険が選べる
  • 保険の知識がなくてもOK!
  • 一生涯の安心サポート
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

営業時間:9:00~19:00 定休日:年末年始