約70%はストレス解消法がない!!

毎月その月にまつわる「ちょっと気になる」ネタ、「お金に関する」ネタをいっきゅうくんが調査します。

アンケートの調査結果を見ると、今の世の中が垣間見える?かも

冬から春は81.8%の人が何かしらの体調不良が!肩こりや冷え性、花粉症の3大不調にご用心。
そして、約70%はストレス解消法がない!!

季節の移り変わりの時期、特に何をしたというわけではないけれど、なんとなく身体の調子が悪いことってありませんか?

じつは人間の身体は、高気圧のときに交感神経が優位になり、低気圧のときに副交感神経が優位になるため春の気圧の上下により、自律神経も乱れやすく体調不良が起こりやすくなるのです。そんな季節だから「冬~春のカラダの困りごと」を20歳~60歳までの男性250名、女性250名を対象にアンケートを実施しました。

Q1

冬から春にかけてあなたのカラダの困りごとはありますか。

「肩こり・冷え性・花粉症」冬~春の3大不調!

冬のからだは寒さから身体を守るために、筋肉や骨盤は収縮し、関節も固くしてしまいます。春への季節の変わり目では、関節の緊張がほぐれ、筋肉や骨盤は弛み、からだの中で春を迎えるための準備が始まるそうです。その流れが上手くいかないのが春の体調不良の原因。「肩こり」「冷え性」「腰痛」「花粉症」「肌トラブル」などが代表例です。

Q2

Q1で回答した症状を治すため、通院をしていますか。

約72%は病院に行かない!

Q1で回答した症状を治すために、病院に行くか聞いたところ、約72%が「行かない」と回答しました。

通院したことがある113人の中で多かった症状は「胃腸障害」(53.1%)、「アトピー」(50.0%)、「過眠症」(47.1%)、「不眠症」(43.3%)の順でした。

Q3

Q1で回答した症状を治すため、薬を服用(使用)していますか。

約48%は薬も飲まない!

Q1で回答した症状を治すために、薬を飲む(使用する)か聞いたところ、約48%が「飲まない(使用しない)」と回答しました。

薬を服用(使用)したことがある213人の中で使用率の高かった症状は「花粉症以外のアレルギー疾患」(89.5%)、「胃腸障害」(81.3%)、「頭痛」(78.7%)、「花粉症」(76.7%)の順でした。

困りごとのある409人中、186人(45.5%)は通院も薬もナシで我慢しているようです。

Q4

冬から春にかけて カラダの困りごとを改善するために、通院・服薬以外に何かしていますか。

改善法は睡眠・お風呂!

冬から春にかけてカラダの困りごとの改善法を聞いたところ、1位は「睡眠」。2位は「お風呂につかる」ことでした。健康な心とカラダを作るためには、しっかりと睡眠をとることが必須。ゆったりと湯船につかって、体の緊張をほぐし、質の良い睡眠で春を迎える準備をしましょう。

Q5

あなたのストレス解消法はありますか。
「ある」と回答された方は、どんな解消法をされているのか教えてください。

約70%はストレス解消法がない!!

春は季節の変わり目だけではなく、生活環境も変わりやすくストレスが溜まりやすい季節です。

皆さんのストレス解消法について聞いてみました。

ストレス解消法が「ない」と答えた方が約70%いました。

「ある」方のストレス解消法の上位は「飲む・寝る・食べる・歌う」。それ以外では趣味やスポーツ、旅行などが多く上がりました。少数意見では「1人になる」との回答も。

まずは、自分が一番リラックスできる事を見つけましょう。それが、ストレス解消の近道です。

みんなのストレス解消法は?飲む・寝る・食べる・歌う

アンケート概要

サンプル数
500名(男性250名、女性250名)
年齢
20歳~60歳
調査方法
Webアンケート
調査期間
2015年1月30日~2月2日
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始