クリニクラウン活動応援

『保険クリニックの日』チャリティー活動

『保険クリニック』は日本クリニクラウン協会を応援しています。

日本クリニクラウン協会とは

日本クリニクラウン協会とは

認定NPO法人 日本クリニクラウン協会は、クリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し、入院している子どもたちが、子ども本来の生きる力を取り戻し、笑顔になれる環境をつくるために活動している協会です。
日本で唯一クリ二クラウンの養成、認定、派遣、啓発活動を行う組織として活動を行なっています。

クリニクラウンとは

クリニクラウンとは「病院」を意味する「クリニック」と「道化師」を意味する「クラウン」を合わせた造語です。クリニクラウンは入院生活を過ごす子どもの病室を定期的に訪問し、遊びとユーモアを届け、子どもたちの笑顔を育む道化師のことです。
病気の治療のためにさまざまな制限の中で入院生活をしている子どもたちが思いきり笑い、主体的に遊ぶことのできる環境をつくること、それがクリニクラウンの役割です。

クリニクラウンへの寄付金は、年間約300回もの病院への訪問、クリニクラウンの育成、啓発活動などに役立てられています。

『保険クリニック』での取り組み内容

『保険クリニック』はこれまで累計1,433,680円を日本クリニクラウン協会へ寄付いたしました。(2019年8月現在)

『保険クリニックの日』

9月29日『保険クリニックの日』は社会貢献の日として、チャリティー活動期間中に保険証券を全国の保険クリニック店舗にご持参いただいた場合に、証券1枚につき100円を寄付しております。

2018年度は、2018年9月29日~11月30日までの取り組みにより、合計金額807,360円を日本クリニクラウン協会に寄付することができました。

贈呈式の様子 贈呈式の様子
頂戴した感謝状 頂戴した感謝状

RED NOSE DAY with CliniClowns

「RED NOSE DAY with CliniClowns(レッドノーズデーwith CliniClowns)」は、入院中の子どもたちに笑顔を届けるチャリティイベント。毎年8月7日正午12時から1分間、RED NOSE(あかいはな)をつけることをシンボルとし、身近な人と笑顔を贈りあうチャリティイベントです。

2018年には『保険クリニック』FC(フランチャイズ)店経営層の皆様、保険会社の皆様、社員など『保険クリニック』関係者の延べおよそ500人で「RED NOSE(赤い鼻)」を付け、8月7日(鼻の日)の「レッドノーズデーwith CliniClowns」のイベントに参加しました。「赤い鼻」の購入費用の一部は日本クリニクラウン協会へ寄付され、入院中の子どもたちへ笑顔を届ける活動の支援になります。

社員総会の様子 社員総会の様子
全国経営者会議の様子 全国経営者会議の様子
全国に190店舗!
  • 複数の保険を比較できます
  • 無理な勧誘は一切いたしません
  • あなたにピッタリの保険が探せます
通話料無料 フリーダイヤル0120-366-929

平日 9:00~20:00(土日祝は19:00)定休日:年末年始